総合型地域スポーツクラブPROVOCATOR苫小牧 会則

第1章 総則

(名 称)
第1条 本クラブは、総合型地域スポーツクラブPROVOCATOR苫小牧と称する。

(目 的)
第2条 本クラブは、楽しむスポーツ、自ら参加するスポーツを望む人々を対象に様々なスポーツや文化活動を通して、生涯スポーツの普及を図り、心身の健全な発達を支援する。また、スポーツを通して、年齢関係なく地域社会の交流をはじめ、地域におけるスポーツ文化の振興とまちづくりに寄与する事を目的とする。

(構 成)
第3条 本クラブは、第2条の目的に賛同する者で構成する。また、いつでも入会することができるものとする。

第2章 会員

(種 別)
第4条 本クラブ会員は、次の者を持って構成する。
(1) 正会員 (クラブの理念等に賛同し、議決権を有する個人)
(2) 一般会員(クラブに入会した議決権を有しない個人)

(入会資格)
第5条 クラブ会員の入会については、クラブ会則や運営規約に同意し遵守できる者。または、その家族。

(活動資格)
第6条 本クラブの活動は本クラブ会員にのみ権利があり、そのほかの者は当クラブの許可がない限りは参加することはできない。

(入会金及び月会費)
第7条 クラブ会員はPROVOCATOR苫小牧(以下「クラブ」という。)において定める月会費もしくは年会費を納入しなければならない。

(入会金)
第8条 本クラブ会員は次の金額を入会の際に納入しなければならない。但し、兄弟姉妹がすでに会員として活動している場合はその兄弟姉妹は、入会金を免除とする。
入会金の金額は以下の通りとする。
(1) 正会員・・・30,000円
(2) 一般会員・・ 6,000円

(会 費)
第9条 クラブ一般会員の会費は月額3,500円とし会計に納め、必要経費の出費にあてる。
2 クラブ正会員の会費は、年額10,000円とし会計に納め、必要経費の出費にあてる。

(退 会)
第10条 退会は基本的に本人の自由とする。月の途中であってもその月会費は返還しない。

(除 名)
第11条 クラブ会員が次の各号に該当するに至ったときは、クラブ運営役員会により、これを除名することができる。
(1) このクラブ規約に違反したとき。
(2) クラブの名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。
(3) 特別な事由がなく6ヶ月以上会費を滞納した場合
(4) クラブの運営に対して著しく妨害をしていると判断したとき。

(説明会)
第12条 本クラブは、年1回の運営等に関する説明会を開催する。
2 説明会において、年間の活動内容(事業、予算、決算等)を報告するものとする。

第3章 役員、役員会

(役 員)
第13条 クラブの役員は、クラブの正会員のもので構成する。
2 総合型地域スポーツクラブPROVOCATOR苫小牧運営役員会(以下「役員会」という。)の役員とする。

(役員会)
第14条 役員会は、クラブ代表が招集し、議長を務める。
2 本規約の変更、入会金、月会費等、重要な案件は役員会で決議し承認するものとする。

第4章 クラブチーム

(クラブチームの設立)
第15条 本クラブは、クラブ会員の意思によりクラブへ提案し役員会の承認を得て、クラブチームを設立することができる。

(クラブチームの運営)
第16条 クラブチームは、本クラブから派遣した指導者を中心にクラブ担当者と共に運営することとする。運営については、クラブ担当者へ伝え、クラブより必要に応じて、指導者などへ対応する。

(クラブチーム会費)
第17条 クラブチームを運営する際に必要な会費(以下「チーム会費」という)は、クラブにその金額と使用方法等を申し出て、クラブがその金額等について協議し、を妥当と判断した場合、役員会の承認を得てクラブの月会費とは別に定めて徴収することができる。

(クラブチームの解散)
第18条 クラブチームを運営する際、様々な事象により指導者やクラブ担当が運営困難と判断した場合、本クラブにその旨を伝え、その状況等をクラブにて協議し、妥当と判断した場合にのみクラブチームを解散できる。その際、解散する際は、その理由をクラブ担当よりチーム員に伝える事とする。
2 クラブチームがクラブの規約等に対して逸脱した行為をしたとき、クラブの意向に背いたとき、またはクラブに対して必要な報告などを行わなかった場合、クラブはそのクラブチームを強制的に解散することができる。その際、チーム員の確認を取らずに解散することができる。

第5章 会計

(資 金)
第19条 クラブの資金は以下のものとする
(1) 入会金
(2) 月会費
(3) 事業等による収入
(4) 寄付金、協賛金
(5) その他
2 資金はクラブが管理する。

第6章 事故の責任

(事 故)
第20条 事故とは、クラブ会員及び指導者が、移動中、練習または試合中、その他クラブ活動目的のために行動していた時における事故をいう。

(責 任)
第21条 クラブ会員は、クラブ活動に際しては、この規約及び使用施設管理責任者並びに指導者の指示に従い、自己の責任において行動するものとする。盗難、傷害等の事故が起こっても、クラブ及び指導者等に対し一切の損害賠償を請求しないものとする。

(保険の加入)
第22条 クラブ会員及び指導者は原則として、スポーツ傷害保険に加入しなければならない。クラブは、その活動中の傷害をはじめ、一切の事故についてはスポーツ傷害保険の対象範囲でのみ対応するものとする。未加入者の活動中の事故については、クラブでは一切の責任を負わない。

第7章 個人情報の保護

(個人情報の保護)
第23条 クラブが得た会員の個人に関わる情報は、クラブの運営に関する事項以外には使用してはならない。

第8章 雑則

(その他)
第24条 その他必要な事項は役員会の承認を得て適時決定できるものとする。

(付 則)


    この会則は、平成30年3月1日から適用する。

powered by crayon(クレヨン)